« トランプ現象から思う  普通選挙の幻想と陥穽 | トップページ | 天皇制に言及しない空虚な憲法論争 »

ことさらに評価され利用された日本人 勝海舟

 

                             行燈省益

 

まあそうは言っても、かなりの人物であったことに間違いは無いのだろう。日清戦争への反戦メッセージや、同じアジア人への連帯意識、そして依然として植民地政策をやめようとしない欧米列強と、その政策にひたすら追随するかのような我が国への辛辣な批判など、特に彼の晩年の発言は、朝鮮自立や中国辛亥革命を支持した宮崎滔天らに通ずる、同時代人には珍しい良質のアジア主義者のそれであり、そして彼自身、反戦主義では無かったにしても、根っからの非戦主義者であった事に間違いはあるまい。その点は確かに評価しなければならない。しかし世上の彼の、それも幕末期におけるあまりの、それも竜馬とセットになっての評判ぶりには、少しばかり首を傾げざるを得ない点も多い。NHKなどの大河ドラマはもちろん、幕末ものを描いた映画やドラマを観ていて今ひとつ腑に落ちないのは、何故か勝海舟以外、碌な人物が、いやまともな人材が幕府方にはいなかったかのように描かれている点である。ことさらに何故か、彼ひとりだけが幕府方の中で持ち上げられ、そして際立って描かれているのである。それも全てに客観的で公平で時代を先読みし、反幕府勢力からも尊敬され、これ以上の好人物はいないと言うほどにである。朝廷に、いや薩長方に敵対した徳川方の中には不敬で頑迷固陋な輩しかいなかったけれど、その中にあって彼ひとり尊王の心篤く開明的であったという、そのこと自体ひどく矛盾しているけれど、明治以来、原爆投下や領土の喪失と言った惨めな敗戦を喫しても、まだ懲りずに肯定的に描かれてきた薩長史観の流れそのものである。彼の責任ではないのであろうが、彼以上に合理的で開明的であった筈の徳川方の人物が正当に評価されず、他人の業績も含めて、有体に言えば彼だけが手柄をひとり占めにした感が強い。彼が意図したことで無いにしても、いや「氷川清話」などはかなり手柄話めいていて、彼自身ひどく自慢げに語る部分も多い。

 

高利貸で財をなした越後出身の按摩の曾祖父が、その有り余る金力で手に入れた御家人株身分という因果から、ライバルの小栗上野介忠順などの三河以来の譜代筋と違って、DNA的に徳川に対する忠義立てなどそれほど感じていなかったのであろうが、色々と理屈を付けていとも簡単に主家筋を売ってしまうところなど、まあよく言えば先見的で合理的、悪く言えばドライに過ぎると言うところであろうか。後年、窮乏した旗本や御家人たちの面倒をよく見たなどと言われるけれど、さすがに優遇され恵まれた自らの立場と零落した彼ら幕臣たちの惨めな後ろ姿を見比べて、戦わずして薩長の軍門に降った事への疾しさが心に甦ったからであろう。それに父子鷹だの江戸の町を戦火から救っただのとやたら美談めいたイメージを持って語られることも多いが、随分と創られた部分が多いし、単に薩長そして新政府にとって扱いやすく都合のよい俄か侍であったに過ぎない。元幕臣の福沢諭吉が「痩我慢の説」で彼を罵倒した気持ちも、全部では無いがある程度は理解できる。

 

もしあの時に日本人同士が争っていたならば、その間隙をぬって欧米列強にまんまと国を奪われたような事を、今でも分かった様に尤もらしく言う輩がいるけれど、ちょっとだけ理解力と洞察力に欠け、しかも短絡的に過ぎる。当時のあまりに纏まりに欠けた清国や朝鮮とは全く国情が、つまり尊王だ勅許だ攘夷だなどとやたら無理難題を吹っ掛けては足を引っ張る、いわゆる尊王攘夷主義者という現実を全く理解出来ていない単純でやっかいな輩のせいでかなりガタついてはいたけれど、それでも幕府の体制はそれなりに機能していてお国柄も違っていたのだから、彼ら列強だってそう簡単に日本に手など出せなかったのである。何よりも生麦事件だヒューストン事件だと、夷人と見ればやたら斬りつけたがる数十万の常備兵が刀を腰に差して全国に闊歩していたのだから。しかも当時の幕閣はそれなりに世界情勢に通じ、少なくとも観念的な尊王主義者や攘夷主義者よりもはるかにバランス感覚があり、諸外国にやられっぱなしではなかったのである。今でも奈良本辰也などの高名な歴史学者達によって、「ハリスに屈して条約に調印」などと、ただ単に幕府の努力や功績を貶めるだけが目的の相変わらずの薩長史観や、それと密接した薩長自慢などの偏狭なローカリズムに基づく、しかもピントのずれた、いかにも安っぽく書かれた歴史書や教科書などがちらほら散見されるけれど、事実はそれと全く異なる。それは幕末の外交交渉にあたっての、幕府官僚たちの手強さ・したたかさや情報収集力の確かさに手を焼いた、諸外国の公式記録や当事者達の日記からもよく分かる。たとえば何よりも,クリミア戦争でのロシアの苦しい情況を逆手にとって、蝦夷全土だけでなく北方四島まで日本領土としてロシアに認めさせ、果ては樺太までロシアとの雑居地にしているのだ。その時、もし勝が外交当事者だったら、どんな立場の相手に対してもやたら相手を思いやって理解を示す彼の事だから、「プチャーチンさんもハリスさんも国を背負ってさぞかし大変でしょう」などと、もっともらしく簡単に譲歩を重ねたかもしれない。四島はもちろんの事、北海道の北半分だって、「いくさになるよりはまだましだ」などと言ってロシアに持っていかれた可能性だってある。巷間、西郷との交渉に臨んでいざ決裂となったら、ナポレオン戦争時のモスクワを想定して、町民を全て避難させて置いてから、江戸を火の海にしてでも一戦を交える覚悟だったなどと言う勇ましい話もあるけれど、後からだったら幾らでも語れるし盛ることだって出来る。そんな風な、「あの時、その気になればいつでも薩長を」などと巷間伝わる、あまりに都合の良い「あとから話」がどうも彼には多すぎる。もし本当にそんな目論見が有ったのなら、ハッタリついでにもっと西郷に迫るべきであったろう。まあ冷静に考えてみても、戊辰戦争時、卑劣な秋田の裏切りがあったにも関わらず、会津や長岡や庄内藩などの家来筋が城を枕にあれだけ大健闘したのだから、庄内藩に至っては連戦連勝だったのだから、旗本八万騎一致団結して江戸城に立て篭もり一戦を交えていたならば、勝ったとは言えぬまでも講和に持ち込んで、もちろん徳川政権の復活は無かったにしても、雄藩連合による、天皇制よりははるかに民主的な共和制の誕生によって、その後の薩長による偏狭な天皇制絶対主義国家の成立は防げたかもしれない。少なくとも、歴史の自然な流れに逆行する様な王政復古だけは絶対に阻止し得たかもしれない。

因みに、小泉純一郎が俄仕込みの知識で散々吹聴して利用した「米百俵話」など、不都合な東北戊辰戦争の真実内情を覆い隠してうやむやにし、東北武士団の筋の通った抵抗を歪曲矮小化して、明治維新の成立を綺麗事に済ますための情緒的国民の受けを狙った極めて意図的な政治的美談に過ぎない。そしてあの時、ラストサムライではないけれど東北武士団が最後の意地を見せてくれていなかったならば、諸外国からきっと、その外交的外づらはともかくとして腹の内では、いち早く敵前逃亡を決めた彦根や淀や紀伊などの上方ぜえろくザムライの様に、「サムレーなどと言っても大した事はねえ。口先だけ達者な腰ぬけ野郎揃いめ、恩義も忠義も有ったもんじゃねえ」と散々揶揄され軽蔑されたに違いない。大体が、田吾作権平と言ってもいいような出自の今の多くの日本人が、オリンピックやワールドカップで自分からやたら殊更に、サムライジャパンなどとナルシシズムの極致に浸ることが出来るのも、これ全て彼ら東北武士団や函館五稜郭に立て籠って戦った一部幕臣達のお陰なのである。そもそも、江戸の町と人命を兵火から救ったなどとやたら恩着せがましく美談めかして大袈裟に言われるけれど、天皇制軍国主義によって後年もたらされた東京大空襲を含む日本中の人的物的空襲被害を考えれば、そして何よりも広島長崎への原爆投下の悲劇惨劇を思えば、あの時、薩長と一戦を交えていてくれた方がよっぽど逆に、その後の日本人いや日本国にとってどんなに幸せな事であったか。大体が、今の東京には震災と、そして何よりもあの東京大空襲に焼き尽くされて、江戸の面影や風情など殆ど何も残っていないのだから。それどころか、1855年幕府が苦心惨憺してロシアに承認させた北方領土まで、その後の天皇制軍国主義国家はそれまでの大言壮語ぶりをよそに、1945年、おめおめと為すすべもなくソ連ロシアに掠め取られているのだ。

 

それは兎も角、彼、学問好きはある程度認めるにしても成績的にはあまり優秀では無かったようだ。しかも、海舟などとひどく気取った号を名乗ったにも拘わらず船酔いも相当ひどかったらしく、咸臨丸の艦長であった事実も無く、とても海防だの海軍だのとのイメージとは不釣り合いであったのだ。ただ私塾の海軍塾を作ったり、幕府に神戸海軍操練所を開設させて、徳川や藩の垣根を越えた人材を入所させて訓練させていたのは事実だけれど、それさえも結果的に反幕府勢力に体よく利用されたに過ぎない。よく幕府のことだけを考えていたのではなく、日本国のことを考えていたなどとかっこよく言われるけれど、要するに八方美人で敵にも味方にも上手く取り入る世渡り上手の人たらしで、つまり商売上手の按摩の曾じいさんの血をひいて単に要領が良かったと言うところか。

そもそも、彼を取りたててくれた阿部正弘や大久保一翁はもちろん、ペリー来航以来の幕政をリードして積極的な開国通商策を主張し、かの井伊直弼さへもが辟易とさせられた気鋭の老中松平忠固(彼は密航を企てて死罪になりかけた吉田寅次郎の命を阿部正弘と共に救って国元蟄居だけで穏便に済ましている。皮肉ではあるけれど後年の松下村塾など彼無くしては存在しなかったのである)、幕末の外交交渉を担ってその能力の高さでペリーやハリスやプチャーチンなどを感心させた岩瀬忠震や井上清直そして川路聖謨などの優秀な幕僚達、それに横須賀造船所設立など近代日本の生みの親小栗忠順と、勝を上回るそれこそきら星の如き幕府の人材には事欠かなかったのである。さらに身分制の足かせがあったとは言え、「足し高の制」などによって登用され活躍した小身旗本や御家人はもちろんの事、それに軽輩身分などからもかなりの数に上ったのだ。そうそう松平忠固の家臣で英式兵法家の、日本で初めて人民平等の普通選挙と議会の開設を説いて挙句、敬天愛人が聞いて呆れる希代の陰謀家であり男色家でもあった西郷の差し向けた、中村半次郎などの薩摩の大馬鹿テロリストの凶刃に命を落とした赤松小三郎などは本当に惜しい人材であった。勝と違って彼らが歴史の闇に葬り去られていったのは、実に簡単明瞭、触れられたくない明治維新史の不都合な部分が炙り出されかねなかったからなのである。勝の本意では無かったにしても、天皇制度をないがしろにして来た徳川政権は、何もかも間違っていたという後付けこじつけの前提の上に成り立つ、つまり明治新政府成立の正当性を強調する為の中和剤に利用されたに過ぎない。まあ、勝ひとりをあまり批判しても仕方が無いことではあるけれど。ついでながら後年、それは皮肉なことではあるけれど、近代ニッポンの夜明けの為に倒幕に邁進したはずの薩長諸藩の出身者よりも、身分的封建制度の恩恵を一番多く受けていた筈の幕臣や反薩長的譜代諸藩出身者の方に、より進歩的で民主的な人材が多く輩出されたと言う事実は何かを暗示していて実に興味深い。そこには当時蔓延した偏狭な尊王主義から、如何に自由度を保つことが出来たかと言う分かりやすい構図が描けるのである。

 

ところで社会の近代化や教育水準の高さ、それに市民社会の一定程度の成熟ぶり等、明治以来の日本の歩みを全否定する事は出来ない。しかし、そんな事は別に明治の元勲や天皇がいなくとも、明治が始まるまでの長い歴史の中での日本人自身の勤勉実直な営為を見てみれば、どんな政治体制になっていても当然成立していた事は間違いない。ましてや、今ある戦後の日本の繁栄は皮肉な言い方になるけれど、これ全てマッカーサーと学校給食、つまり悔しいけれどアメリカのお蔭であると言っても過言ではない。むしろ維新以降創りだされた、否定されるべき戦前の忌まわしい天皇制価値観は、掠め取った領土はおろか、北方領土という本来の領土の一部喪失と言う有史以来の大失態も演じて、すべて8月15日の敗戦によってご破算になったのだ。維新以来の悪しき日本の復活を企てようと、箪笥の奥に虫食いだらけになって仕舞ってあったものを無理やり引っ張り出して来て、教育勅語にもいいところはあったなどと、ことさらに主張するどこかの世襲政治家の姿は見苦しい。情けない話ではあるけれど、サムライとは名ばかりの変節漢に他ならなかった田吾作軍人ども、つまり誰ひとり、ヤンキー兵の無法ぶりに抗議して腹を切るでなし石つぶてを投げつけるでなし、それまで国民に鬼畜米英を散々煽って大言壮語していた軍人右翼どもに限って、進駐軍に見苦しいまでに媚びへつらい何をやられても文句ひとつ言い返さなかった腰ぬけ野郎揃いだったのである。そういう時代状況をしっかりと見つめ直し、闇に埋もれ正邪逆転した事実も掘り起こして、今こそ我々日本人は自国の正しい歴史を冷静に考え直す時期に来ているのだ。

|

« トランプ現象から思う  普通選挙の幻想と陥穽 | トップページ | 天皇制に言及しない空虚な憲法論争 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ことさらに評価され利用された日本人 勝海舟:

« トランプ現象から思う  普通選挙の幻想と陥穽 | トップページ | 天皇制に言及しない空虚な憲法論争 »